犬のワクチンについて

犬のワクチンについては、大きく2つに分けられます。

1つは、狂犬病予防注射です。犬の飼い主は、必ず飼育している犬に狂犬病予防注射を接種させることが法律により義務付けられています。そのため、飼い始めたらこのワクチンを接種し、保健所に登録することが義務付けられています。その後、年に1回、追加接種を毎年しなければなりません。

詳しくはこちら↓

もう1つは、一般に混合ワクチンと呼ばれる任意で接種するワクチンです。こちらは義務ではありませんが、様々な感染症を予防するために接種をお勧めします。当院での入院、預かりの際もこちらの接種をお願いしています。ペットホテルなどでも、混合ワクチンを毎年接種してあることが条件になっている場合が多いですので、毎年接種しておいた方が良いでしょう。

詳しくはこちら↓