検査機器

なるべく動物たちや飼い主さんの負担が少なくなるよう、過不足なく検査を行うことを心がけています。

以下の機器は当院にありますので、外部検査に出すよりも迅速に検査結果が得られ、素早く対処することができます。

X線検査装置

 

第1診察室にあるモニターに検査結果の画像を表示します。

自動血球計算装置

 

血液検査のうち、赤血球・白血球・血小板などの数値を調べます。

血液生化学検査装置

 

血液中の様々な酵素、化学物質の数値を測ります。院内で検査しますので、しばらくお待ちいただけば、検査結果が出ます。


超音波診断装置

 

動物の負担が少なく、心臓や腹腔内臓器など様々な部位の様子を非侵襲的にみることができます。

内視鏡検査

 

主に食道や胃、大腸などに用います。ワンちゃんに多い異物誤飲などの場合に、異物にもよりますが、お腹を開けることなく取り除くことができるケースがあります。